『どこにでもある』があって、『何もない』がある日々 - My Life between fiction and reality

Kento Awashima - Documentary Photographer and University Student

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

What a 奇妙な world!! この世界は「動物園」 - 課題は憂鬱№2 -

前回の続き。

2 『動物園』について

今回は、A-2『動物園』 1966 を見て考えたことをつらつらと書きます。

この作品に関して、まず気付くことは、

動物=人間

であることです。

『動物園』と題されたこの作品には、動物を主体とした写真はなく、多くの写真が1966年当時の人々の様子を捉えた写真となっています。
例えば、一目を憚らず赤ん坊に授乳する母親、学生帽をかぶった少年やワンピースの少女など、です。

それらの写真には、陳腐な解釈など存在せず、ただ動物=人間を見つめるアラーキーのまなざしがありました。

人間を動物として見る

このまなざしを意識すると、いかに世の中が奇妙でおもしろい「動物園」であるかに気付きます。

この「動物園」で、最近写真に収めたいと強く思う「動物」たちの奇妙な動作があります。

それは、携帯電話を取り出して写メを撮る、あの動作です。
大人数で同じものを撮っているあの奇妙な動作です。
皆一様に携帯電話を頭上にかかげる、あれは今の日本で最も儀式的な動作だと思うのです。

ま、そのうち撮ってみようかなーと思います。


短いですが、最後に、僕が『動物園』から連想したことを紹介して終わりにします。

モンティソン伯の撮影した写真『カバ 動物園 リージェント・パーク』(下のカバが写っている写真)と
スーザン・ソンタグの『反解釈』です。

これは、先ほど述べた「陳腐な解釈など存在せず、ただ動物=人間を見つめるアラーキーのまなざし」があったという印象に基づいています。


doubutu.jpg

カバと人間の対比

一体、檻の向こう側とこちら側のどちらが「動物園」なのだろうか



反解釈 (ちくま学芸文庫)


「内容を極度に重くみる結果何が生じるかといえば、それは'解釈’という試み―絶えることのない、そして決して成就することのないあの企図である。」

「これらの作品の美点がその「意味」以外のところに存することは確かである。」




アラーキーなど、その人の人生そのものが写真であるような写真家の写真は、陳腐な解釈に「意味がない」(もちろん解釈という行為は非常に有用であるが)と教えてくれるような気がします。

しかし、現代において、内容は制作するものから鑑賞するものまで多くが求めていること。
解釈から逃れるか、解釈を組み込むか。
はたまた解釈など許さないほど「あからさまなもの」を撮るのか。

色々考えはつきませんね。


スポンサーサイト
  1. 2012/04/06(金) 10:44:39|
  2. フォト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 課題は憂鬱 №1 - 「荒木経惟 - 人・街- 」展Ⅱ の感想文を書け!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://awawaken.blog.fc2.com/tb.php/17-aa407fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。