『どこにでもある』があって、『何もない』がある日々 - My Life between fiction and reality

Kento Awashima - Documentary Photographer and University Student

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『自分案内』

自分案内2_convert_20111212033732

自分案内3_convert_20111212034105

自分案内4_convert_20111212034618

自分案内5_convert_20111212034958

自分案内6_convert_20111212035357

「『人』という字は、お互いに支え合っているんだ」

と有名な先生はおっしゃっていましたが、
果たしてそれは本当でしょうか?

現実を考えれば、

「『人』という字は、(権力を持った)大きな人が、小さな人を押しつぶしている」

と言ったほうが正しそうです。


そんな世界は嫌だと
ぐちゃぐちゃに
ぼろぼろに
塗りつぶしてみました。
背中で語ってみました。

この写真とこの内容を、学校で出された『自分案内』という課題でプレゼンしたところ、頭のおかしい人だと思われました。

どうせ、僕は頭がおかしいですよ。

だけど、もっとおかしいのは世の中ですよ。

それでも僕は生きてますよ。



村田峰紀の『MY back talk.』のパクリみたいになってるのが気に食わない。
明日もがんばろう。

スポンサーサイト
  1. 2011/12/12(月) 04:10:35|
  2. フォト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フォトモンタージュ、そしてアイドルコラージュ | ホーム | キレイゴトについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://awawaken.blog.fc2.com/tb.php/9-a28e0a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。